ニュース

米国女子マスターカードクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

アニカ、プレーオフで散る・・・ 新鋭のM.フランセラが初勝利を飾る!

メキシコのリアルCCで開催されている、2007年の米国女子ツアー第3戦「マスターカードクラシック」。初日からサスペンデッドが続いていた今大会、最終日も日没サスペンデッドとなり、全選手がホールアウトできず。翌日に設けられた予備日に、最終ラウンドの残りが行われた。

この日チャージを見せたのが、首位と3打差の暫定4位タイからスタートしたアニカ・ソレンスタム(スゥエーデン)。ベストスコアとなる「66」をマークし、通算11アンダーでホールアウトした。その後ろをまわる、通算8アンダー暫定首位でスタートしたメーガン・フランセラも順調にスコアを伸ばし、通算11アンダーでホールアウト。優勝の行方は、通算70勝目と大会3連覇を狙う36歳のアニカと、初勝利に挑む24歳の新鋭、フランセラによるサドンデスのプレーオフにもつれ込んだ。

アニカのプレーオフ通算成績は、過去15勝5敗を誇っている。誰もがアニカ有利、と見ていたまま迎えたプレーオフ4ホール目。フランセラがバーディパットを沈めてアニカを破り、2006年のツアーデビューから6戦目にして、早々とツアー初優勝を飾った。

その他、暫定単独2位でスタートし、2週連続優勝の期待がかかったステイシー・プラマナスドは通算8アンダーの3位タイ。ロレーナ・オチョアは通算5アンダーの6位タイで競技を終えた。

2007年3月12日

M.フランセラが暫定トップのまま再びサスペンデッド! 決着は翌日に持ち越される

メキシコのリアルCCで開催されている、2007年の米国女子ツアー第3戦「マスターカードクラシック」の最終日。前日からの日没サスペンデットの影響で、この日は第2ラウンドの残りと第3ラウンドが行なわれた。

第2ラウンドを終えた時点で、M.フランセラが8アンダー単独首位。1打差の単独2位にはステイシー・プラマナスドが続き、6アンダーの単独3位に韓国のS.H.リーが追う展開に。大会3連覇がかかるアニカ・ソレンスタムは5アンダーの4位タイ、新女王のロレーナ・オチョア(メキシコ)は4アンダーの7位タイで第2ラウンドを終えた。

しかし、この直後に実施された第3ラウンドも日没サスペンデットとなり、決勝に進出した74人全員がホールアウトできず。上位7人はスタートすらしておらず、第2ラウンド終了時と同じ顔ぶれの上位陣によって、翌日の予備日に再び優勝争いが行われることになった。

また、ポーラ・クリーマーナタリー・ガルビスの2人は、第2ラウンド終了時点で通算4オーバーで予選落ち。日本の東尾理子も、通算15オーバーとして予選で姿を消している。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 マスターカードクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。