ニュース

米国女子ミズノクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

申智愛が首位浮上!服部真夕が2打差の2位

三重県にある近鉄賢島CCで行われている日米両ツアーを兼ねた「ミズノクラシック」の2日目、晴天に恵まれた初日とは一転、この日は朝から気温は上がらず、冷たい雨と風が吹きつける厳しいコンディション。レインウェアと帽子、さらにはカイロまで使って、選手達は防寒対策を施した。

この悪条件の中、6バーディノーボギーの「66」で通算10アンダーとし、単独首位に躍り出たのは、今季4回出場した日本ツアーでいまだに2位以下が無い申智愛(韓国)。「日本食が大好きだし、日本は快適」と、まるで母国での戦いのようなリラックスムード。「今日は寒かったので、バーディを狙わず、パーセーブを心掛けた」と、“イージーゴルフ”で日本ツアー今季2勝目に王手を掛けた。

先週ツアー初優勝を果たしたばかりの服部真夕が、2打差の単独2位に続いている。2日目を最終組で迎えた服部は、「1番ティから緊張していた」と前半はスコアを伸ばせず折り返す。だが、流れを取り戻した後半は、9ホールで3バーディを奪い返し、通算8アンダーへとスコアを戻した。「優勝してから、自信を持ってゴルフが出来ている」と伸び盛りの服部は言う。「すごく良い位置で最終日を迎えられるので、沢山学んで、経験をして、どんどん成長していけるような試合にしたいです」と、目を輝かせた。

さらに1打差の通算7アンダーには、大山志保イ・ジヨン(韓国)の2人が続く。外国人キャディとのコンビで、「とっても楽しい」と笑顔のラウンドを続ける大山は、この試合に勝って、来季の米ツアー出場権とともに、地元・宮崎で行われる最終戦の出場も果たしたいところ。横峯さくらは通算2アンダーの22位、宮里藍上田桃子は通算イーブンパーの38位タイで2日目を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ミズノクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。