ニュース

米国女子ミズノクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

佐伯と服部が首位タイスタート!桃子14位、藍20位

三重県にある近鉄賢島CCで行われている日米両ツアーを兼ねた「ミズノクラシック」の初日、前夜から降り始めた雨は早朝には止み、早い時間は曇り空、昼前からは太陽も顔を出す暖かな陽気となった。雨を吸ったグリーンは前日よりも軟らかくなったが、その分、初日からピン位置は左右に振られた。

初日、通算5アンダーでトップに並んだのは、佐伯三貴服部真夕の2人。この試合で勝てば翌年の米ツアー出場権を得られるとあって、来季の米ツアー挑戦を表明している佐伯にとっては大きなチャンス。「優勝とかはあまり意識していない」というものの、「今日はパットに助けられた」と6バーディ1ボギーの好スタート。5番、6番と連続でチップインバーディを決めるなど、運も味方につけた。

首位に並ぶ服部は、前週の「樋口久子IDC大塚家具レディス」でツアー初優勝を果たしたばかり。今大会は契約するミズノの大会とあって、周囲の期待も大きいが、5バーディノーボギーと危なげないプレーを見せた。「スタート前、岡本(綾子)さんから、バックスイングで頭が動いているよと言われ、そこを意識したのが良かった」と、尊敬する師匠の言葉を信じ、好スコアにつなげた。

通算4アンダーの3位タイに続くのは、イム・ウナと申智愛の韓国勢2人。さらに1打差の5位タイに、大山志保三塚優子ら9名が続いている。ディフェンディングチャンピオンの上田桃子は2アンダー14位タイ。宮里藍横峯さくらは共に通算1アンダー20位タイにつけている。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ミズノクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。