ニュース

米国女子ロングドラッグスチャレンジの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 ロングドラッグスチャレンジ
期間:10/09〜10/12 ブラックフォークCC(カリフォルニア州)

I-K.キムが単独首位に浮上!藍は19位タイに上昇!

カリフォルニア州にあるブラックホークCCで開催されている、米国女子ツアー第28戦の「ロングズドラッグズチャレンジ」の2日目。I-K.キム(韓国)が、通算8アンダーまでスコアを伸ばし、単独首位の座についている。

首位と1ストローク差、3位タイからスタートしたキムは、前半だけで4つのバーディを奪い、このまま抜け出すかと思われたが、後半は対照的にボギーを1つ叩いてスコアを伸ばし切れず、通算8アンダー。後半のゴルフが明日にどう響いてくるのか、目が離せないところだ。

単独2位につけているのは、モリー・ファンクハウザー。12位タイからスタートしたファンクハウザーは、中盤から仕掛けて6バーディ、2ボギーと4つスコアを伸ばし、通算7アンダー。首位に1ストローク差まで詰め寄り、明日からの決勝ラウンドに臨む。

単独3位に浮上してきたのは、大本命の“女王”ロレーナ・オチョア(メキシコ)。この日は1イーグル、6バーディ、4ボギーとアグレッシブに攻め、通算6アンダー。上位進出を果たしている。続く通算5アンダー、4位タイにはディフェンディングチャンピオンのスーザン・ペターセン(ノルウェー)、ヤニ・ツェン(台湾)ら4人が並んでいる。そして、宮里藍は、1つスコアを伸ばして、通算1アンダー。40位タイから19位タイに浮上している。混戦となっているだけに、明日のラウンド次第では一気に上位進出も考えられる。その動向に注目だ。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ロングドラッグスチャレンジ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。