ニュース

米国女子フィールズ・オープンin Hawaiiの最新ゴルフニュースをお届け

P.クリーマーが逆転勝利! 上田は悔やまれるフィニッシュ

ハワイ州にあるコオリナGCで行われている、米国女子ツアー第2戦「フィールズオープン」の最終日。首位と2打差の3位からスタートしたポーラ・クリーマーが終盤に逆転し、ツアー通算5勝目を飾った。

共に最終組をまわり、単独首位からスタートしたジャン・ジョン(韓国)を追う形となったクリーマー。1番、3番でバーディを奪い、序盤から追い上げ体制をつくる。逃げるジャン・ジョンも14番、15番と連続バーディとして通算15アンダー、この時点でクリーマーに2打差をつけて終盤戦へ突入した。ここで、2人の勝負強さがハッキリと表れた。上がり3ホールを3連続バーディとしたクリーマーに対し、ジャン・ジョンは3連続パー。最終的に、通算16アンダーとしたクリーマーが劇的な大逆転勝利を収めた。

単独2位には、1打差で惜敗を喫したジャン・ジョン。開幕2連勝がかかっていたアニカ・ソレンスタムは、通算12アンダーの単独4位。もはや、完全復活を遂げたことに疑いの余地はないようなプレーが続いている。

日本勢の最高位は、この日「68」をマークして通算7アンダーの15位タイに浮上した佐伯三貴。2週間後に迫った国内開幕戦に向けては、「手ごたえはあります。あとは細かい修正をして、最高の状態で挑みたいと思います」と、弾みをつける結果となった。

上田桃子は連日のアンダーパーをマークし、通算5アンダーの25位タイ。一時は9アンダーまで伸ばしたが、最終18番で池に入れるなどしてトリプルボギー。「最後が本当に残念」と、悔やまれるフィニッシュとなってしまった。また、初の決勝ラウンドとなったアマチュア金子絢香は、3日間安定したプレーを守り通して通算3アンダーの44位タイ。古閑美保は、「今日は全部ダメ。パットもダメでした」と、スコアを2つ落として通算2アンダーの47位タイ。9位タイで最終日を迎えた茂木宏美は、この日「79」と崩れ、通算イーブンパーの58位タイとしている。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 フィールズ・オープンin Hawaii




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。