ニュース

米国女子インターナショナルクラウンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 インターナショナルクラウン
期間:07/24〜07/27 場所:ケイブスバレーGC(メリーランド州)

藍&さくら逆転で韓国ペア下す 日本はトップで最終日へ

2014/07/27 08:18

◇米国女子◇インターナショナルクラウン 3日目◇ケイブスバレーGC(メリーランド州)◇6,628ヤード(パー71)

8か国による国別対抗戦の初回大会は、2プールでのフォアボール・マッチプレーによる総当たり戦を終え、日本は3日間で全チーム中トップのポイントを挙げて、シングルスマッチプレー戦の行われる最終日に進出した。

プールBのトップで3日目を迎えた日本の2ペアは韓国と対戦。宮里藍横峯さくらコンビが、チェ・ナヨン&I.K.キムを相手に前半は劣勢を強いられながら、10番からの3連続アップで鮮やかに逆転し3&2で白星を飾った。宮里美香比嘉真美子朴仁妃&リュー・ソヨン組に4&3で敗れたものの、合計ポイントを8まで伸ばして首位を守った。

同プールは、計7ポイントとしたスウェーデンも2位で決勝ラウンドに進出した。

一方のプールAは3日間合計7ポイントでトップに並んだスペインとタイが予選を通過。両プール3位同士のプレーオフでは韓国が米国を破り、マッチプレー進出最後の椅子を確保した。

最終日は5か国20選手によるシングルスマッチプレー戦10試合が行われ、4日間の合計ポイントによって初の栄冠を手にするチームが決まる。

<予選ラウンド3日間の合計ポイント>

【プールA】
順位//国名
1/※スペイン、※タイ:7ポイント
3/米国:6ポイント
4/台湾:4

【プールB】
1/※日本:8ポイント
2/※スウェーデン:7ポイント
3/※韓国:6ポイント
4/オーストラリア:3ポイント

※印の国が最終日のシングルスマッチプレーに進出

<競技方式>
8ヶ国をプールAとプールBの4ヶ国ずつに分け、初日から3日目まではプールごとによるフォアボール・ダブルスマッチプレー戦を実施。各プールの上位2ヶ国と、敗者復活戦(ワイルドカード争い)を勝ち抜いた1ヶ国を加えた計5ヶ国20人が、最終日のシングルスマッチプレー戦に進む。勝ち:2ポイント、引き分け:各1ポイント、負け:0ポイントで争われ、4日間の総合ポイントで頂点を決する。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 インターナショナルクラウン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはS.ランクンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
スペシャル対談 鈴木愛×セールスフォース代表小出伸一
女子プロゴルファー鈴木愛。2度のけがによる離脱をはねのけ、史上3人目の年間7勝。その彼女を支えてきた所属契約を結ぶ「セールスフォース・ドットコム」の小出伸一代表と2人のトップが熱く語った。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。