ニュース

米国女子コーニングクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 コーニングクラシック
期間:07/02〜07/05 場所:ハイランドメドーズGC(オハイオ州)

宮里藍、上田桃子、大山志保が決勝へ!宮里美香は予選突破ならず!

オハイオ州にあるハイラドメドーズGCで開催されている、米国女子ツアー第14戦「コーニングクラシック」の2日目。ローラ・ディアスサラ・ケンプ(オーストラリア)が通算11アンダーで首位タイに並んでいる。

48位タイからスタートした宮里藍。インの前半は3連続バーディを含む4バーディでスコアを伸ばし、一気に順位を上げたが、後半はボギーが先行して2つスコアを落とし、通算4アンダー。ほぼ現状維持の45位タイで2日目を終えている。87位タイと追い込まれた状況で2日目を迎えた上田桃子大山志保は、ともに最終ホールでバーディを奪って通算2アンダーとし、土壇場で予選突破を果たした。初日133位と大きく出遅れた宮里美香は、復調の気配なく、さらに2つスコアを落して通算5オーバー。今季3度目の予選落ちとなってしまった。

<< 下に続く >>

首位争いを演じているのは、インの前半をイーブンでしのぎ、アウトの後半だけで4バーディをマークしたディアスと、怒涛のバーディラッシュでベストスコア「63」をマークしたツアー2年目のケンプ。通算11アンダーまでスコアを伸ばした2人が混戦模様の大会をリードしている。

通算10アンダー、単独3位にはモーガン・プレッセル。優勝候補の申智愛(韓国)は4つスコアを伸ばして通算9アンダー、4位タイ。好調のミッシェル・ウィは、この日2つスコアを伸ばすに止まり、スーザン・ペターセン(ノルウェー)らとともに、通算8アンダー、7位タイ。ロレーナ・オチョア(メキシコ)は手堅くスコアを伸ばし、通算7アンダー、13位タイにつけている。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 コーニングクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!