ニュース

米国女子ホンダLPGAタイランドの最新ゴルフニュースをお届け

L.オチョアが自身の開幕戦で勝利! 宮里美香は単独6位!

タイにあるシャムカントリークラブで開催されている、2009年の米国女子ツアー第2戦「ホンダLPGAタイランド」の最終日。ロレーナ・オチョア(メキシコ)が自身の開幕戦を逆転優勝で飾っている。

2位タイからスタートしたオチョアは、序盤から快調にスコアを伸ばし、前半だけで4バーディをマーク。その一方で、首位からスタートしたポーラ・クリーマーは2つスコアを落とし、あっさりとオチョアに首位の座を譲ってしまう。後半に入ってからもオチョアの堅調ぶりは変わらず、3バーディ、1ボギーでまとめ、首位の座を譲ることなく通算14アンダーで完勝。今年も女王の座は揺るぎないようだ。

<< 下に続く >>

単独2位に食い込んだのはH.Y.パーク(韓国)。5位タイからスタートしたパークは、前日後半から好調をキープ。この日も前半を1イーグル、3バーディと見事な内容で順位を上げていく。後半は2バーディにとどまり、通算11アンダーでのフィニッシュとなったが、一時見せた爆発力は本物だった。

単独首位で最終日を迎えたクリーマーだったが、15番でバーディを奪うまで3つスコアを落とし、優勝争いから脱落。最終的に通算10アンダーの単独3位で終えた。そして、5位タイで最終日を迎えた宮里美香は、スタートホールからボギーを叩き、出ばなをくじかれる。その後も波のあるゴルフで16番まで3バーディ、3ボギー。しかし、ラスト2ホールを連続バーディで締めくくり、通算6アンダーの単独6位でフィニッシュ。当時アマチュアだった昨年の大会から成長した姿を見せた。宮里藍は前日からの不安定なゴルフを引きずり、5バーディ、6ボギーでラウンド。通算イーブンパーの22位タイで終えた。大山志保はこの日もスコアを落とし、通算8オーバー。50位タイでフィニッシュしている。

2009年 ホンダLPGAタイランド



あなたにおすすめ

特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!