ニュース

米国女子エレクトロラックスUSA選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2001年 エレクトロラックスUSA選手権
期間:05/10〜05/13 場所:レジェンズGC(テネシー州)

P.ハーストが巻き返し再び首位。A.ソレンスタムが1打差で追う!

2001/05/14 09:00

米国女子ツアー「エレクトロラックスUSA選手権」の第3ラウンド。前日サスペンデッドになったためこの日は早朝から第2ラウンドの残りが行われた。残りといっても前日スタートすらできなかった選手もいたので、この第3ラウンドは午後の2時からスタートすることになった。

そして、その2時にスタートしたのは、なんと首位T.ハンソン、2位P.ハーストと3位に浮上したA.ソレンスタム。本来最終組になるはずの組み合わせが、時間短縮のためトップ組になるという珍しいことになった。

<< 下に続く >>

3日目といえば各選手スコアを伸ばしてくることが多いが、この日は疲れているのか上位に大きな変動は無かった。単独首位でスタートしたT.ハンソンは1つスコアを落とし9アンダーで4位に少し後退した。

首位に立ったのは初日単独トップのP.ハースト。スコアを2つ伸ばし11アンダーのハーストは、ディフェンディングチャンピオンの意地で、好調のA.ソレンスタムを押さえ逃げ切りたいところだ。10アンダーで首位に1打差の2位には、スコアを3つ伸ばしたC.マシューが5位から順位を上げてきた。

そして、今シーズンのLPGAを引っ張るA.ソレンスタムも10アンダーと、逆転するには絶好のポジションをキープしている。先週こそ、最終日の爆発が見られなかったが、今週は最後まで目が話せない展開となりそうだ。

6週間ぶりのツアー復帰となったK.ウェブは、このラウンドを3ホール残しているが、スコアを落とし通算2アンダー、暫定で45位まで順位を下げた。先週日本で行われたニチレイワールドレディスでは、終始優位に立ち簡単に勝てた印象があるが、米ツアーはそんなには甘くないということなのか。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 エレクトロラックスUSA選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!