ニュース

米国女子ソルハイムカップの最新ゴルフニュースをお届け

ソルハイムカップ
期間:09/20~09/22  場所: インターラッチェンCC(ミネソタ州)

9対7、欧州が2ポイントリードで、マッチプレー対決へ

2002/09/22 09:00

勝者 結果 敗者
A.ソレンスタム&C.コーク(欧) 4 and 3 K.カー&M.レッドマン(米)
E.クレイン&W.ウォード(米) 3 and 2 I.ティニング&M.マッカイ(欧)
M.マローン&J.インクスター(米) 2 and 1 L.デービース&P.マーティ(欧)
L.ディアス&K.ロビンス(米) 3 and 1 H.アルフレッドソン&S.ペターソン(欧)
A.ソレンスタム&C.コーク(欧) 4 and 3 B.ダニエル&W.ウォード(米)
M.ヨース&I.ティニング(欧) 1up P.ハースト&K.キーニー(米)
K.イシェール&R.カリード(欧) 1up R.ジョーンズ&C.カー(米)
L.デービース&S.グスタフソン(欧) 1up K.ロビンス&E.クレイン(米)

スコア詳細を見る

女の意地がぶつかり合う「ソルハイムカップ」は、2日目を迎え初日と同じように、午前中にフォーサム4試合、午後にはフォーボール4試合が行われた。

明日最終日は1対1のマッチプレーが12試合行われるが、その前にポイントを稼ぎ優位に立ちたいところだ。初日が4対4で引き分けているため、この日の勝負は激しさを増した。

フォーサムのトップ組で登場したのは、A.ソレンスタムC.コーク。欧州チームで最も信頼度の高いペアが、米国のB.ダニエル、W.ウォード組と対戦した。リードを奪ったのは、やはり欧州チームだった。2番ホールで1アップにすると、立て続けにポイントを稼ぎ6番を終えて4アップと大きくリードを広げた。11番で1つ戻されたが、米国が取ったのは、この1ホールだけ。15番のドーミーホールを引き分けたため、4&3で欧州チームが先制した。

ところが2試合目以降は、米国チームが怒涛の勢いで3試合を制した。4試合目のL.ディアス、K.ロビンス組は、1試合目の全く逆で、欧州チームのH.アルフレッドソン、S.ペターソン組に1ホールしか与えず、終始米国ペースとなった。午前を終えて7勝5敗、米国に勢いが傾いた。

しかし、その米国の勢いを止めたのは、やはりソレンスタム、コーク組だった。

フォーボールの第1試合、B.ダニエル、W.ウォードの米国チームが6、7番ホールを連取し2アップのリード。このまま米国ペースになるかと思われたが、これまでソルハイム無敗のコークが、その実力を発揮した。8番パー3でバーディを奪い、続く9番はソレンスタムがバーディ。交互にバーディを奪う効率の良さであっという間に欧州の4アップになった。欧州最強ペアが、またしても15番で勝負を決めた。

残る3試合は、いづれも白熱した接戦となった。18番ホールまでもつれこみ、3試合とも1アップで欧州チームの勝ち。初日フォーサムで1勝しか出来なかった欧州が、4戦全勝し、対戦成績を9対7と2つリードした。今夜は、明日のマッチプレーに向けて、キャプテンを中心に誰が何組目に出場するか、入念な作戦が行われるのだろう。

*フォーボール:各ホールごとにチームの2選手のよいほうのスコアを採用し、18ホールの合計スコアとする。

*フォーサム:チームの2選手がひとつのボールを交互に打ってプレーし、18ホールの合計スコアとする。

◇米国選抜メンバー
J.インクスター、L.ディアズ、R.ジョーンズM.レッドマン、C.カー、M.マローン、B.ダニエル、W.ウォード、E.クライン、K.キーニー、K.ロビンス、P.ハースト、D.デラシン

◇欧州選抜メンバー
H.アルフレッドソン、R.カリード、L.デービース、E.エスティル、S.グスタフソン、M.ヨース、K.イシェールC.コーク、P.マーティ、M.マッカイ、S.ペターソン、I.ティニング、A.ソレンスタム


特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには林菜乃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~