ニュース

米国女子LPGAコーニングクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2002年 LPGAコーニングクラシック
期間:05/23〜05/26 場所:コーニングCC(ニューヨーク州)

女王不在で初日から混戦状態になっている

米国女子ツアー「LPGAコーニングクラシック」は、初日から混戦模様になっている。首位に立ったのは6アンダーをマークしたB.ベーダー、S.スタインハウアー、L.ディアスの3人。ベーダーは13番から16番ホールまで4連続でバーディを奪った。

今週は現在賞金ランキングでも首位を独走するA.ソレンスタムが欠場、ライバルのK.ウェッブも不在と少しさびしい気がするが、他の選手には誰にでもチャンスがあり、白熱した上位争いが見られそうだ。

<< 下に続く >>

首位に1打差の4位グループにはJ.マッギルなど4人が並んでいる。マッギルも1番から4連続バーディ、そして10番から3連続バーディとスコアをまとめて伸ばしている。

今週の日本勢は昨年末のQスクールで米ツアー出場資格を得た3名が出場している。初日最もスコアがよかったのは中島真弓だった。

1番ホールからスタートした中島は、いきなり連続バーディを奪った。そして4、5番でも連続バーディを奪いリーダーボードの一番上に名前を刻んだ。しかし、7番でボギーを叩くとそれまでのリズムが崩れてしまった。しばらくパーでしのいだが、13、15番でもボギーを叩いてしまった。終盤17番で再びバーディを奪い2アンダーでフィニッシュし、25位につけている。

1打遅れて小俣奈三香が35位につけている。10番からスタートした小俣は中島とは対照的にボギースタートになった。この日の小俣はバーディを5つ奪ったのだが、バーディを取った直後にボギーを叩くというリズムに乗れないラウンドだった。

そして、2週連続で決勝ラウンド進出中の片野志保だが、バーディを奪えず苦しいラウンドになった。4番、13番のボギー2つで耐えたのだが、各選手がスコアを伸ばしているだけに102位と大きく出遅れてしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 LPGAコーニングクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!