ニュース

米国女子ウェンディーズ選手権 for チルドレン at タータンフィールズの最新ゴルフニュースをお届け

猛チャージでトップに追いつくも・・・

米国女子ツアー第20戦『ウェンディーズ選手権 for チルドレン at タータンフィールズ』最終日。予選ラウンドを見てみると、一度波に乗れば、好スコアが期待できるコースなので、トップにいる選手も油断できず、誰が優勝するのか全く分からない展開となった。

最終日、猛チャージをかけてきたのが米国のウェンディ・ウォード。前半1イーグル、5バーディの29をマーク。後半も着実にスコアを伸ばし、この日63という驚異的なスコアを記録。通算17アンダーで後続組を待つこととなった。

一方、2日目を終えてトップに立った韓国のH.W.ハンは出だし1番、2番を連続バーディを奪い、逃げ切り態勢に入った。この後も快調にスコアを伸ばし、1イーグル、4バーディの30で前半を折り返した。しかし後半に入ると、優勝を意識したのか、前半の勢いがなくなってしまい、通算17アンダーでフィニッシュ。

この結果ウォードとハンが17アンダーで並びプレーオフに突入。1ホール目はパー、2ホール目はお互いにバーディといったどちらも一歩も引かない展開。そして3ホール目、ウォードがパーに対してハンがバーディを奪い、壮絶なる戦いを制した。

昨年この大会で1打差に泣いたハンがリベンジを果たし、“サイベースビッグアップルクラシック Presented by GOLF MAGAZINE”に続く、今季2勝目を飾った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ウェンディーズ選手権 for チルドレン at タータンフィールズ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはS.ランクンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
スペシャル対談 鈴木愛×セールスフォース代表小出伸一
女子プロゴルファー鈴木愛。2度のけがによる離脱をはねのけ、史上3人目の年間7勝。その彼女を支えてきた所属契約を結ぶ「セールスフォース・ドットコム」の小出伸一代表と2人のトップが熱く語った。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。