ニュース

米国女子BMOフィナンシャルグループカナディアン女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

小俣奈三香が1アンダーで粘り、上位をキープ!

カナダのバンクーバーにあるポイントグレイゴルフ&CCで開催されている、米国女子ツアー第16戦『BMO フィナンシャルグループカナディアン女子オープン』の2日目。初日にアニカ・ソレンスタムが棄権してしまい、ギャラリー数が心なしか減少したが、選手たちは熾烈な上位争いを繰り広げている。

予選2日間を終えて最もスコアを伸ばしているのは、ツアー32勝を誇るベテランのベス・ダニエル。初日4バーディ、1ボギーの3アンダーで6位タイにつけたダニエルは、3番パー5でイーグルを奪い、この日も3アンダーの69をマーク。通算6アンダーで単独首位に浮上した。

<< 下に続く >>

1打差の5アンダーで単独2位にはスコットランドのジャニス・ムーディーが4ストローク伸ばして22位から浮上してきた。10番ホールからスタートしたムーディは、後半の3番ホールまでに5バーディを奪い首位に立ったが、この日の最終9番ホールでボギーを叩き一歩後退している。

さらに1打差の4アンダーに初日首位のへザー・ボウイとジュリー・インクスターの米国勢、韓国のキム・サイキの3人が並んでいる。インクスターは先週の全米女子オープンで初日2位につけ、最終的にも8位に入るなど調子自体は良い。

そして、日本の小俣奈三香も今週は調子が良さそうだ。初日3ホール連続バーディを奪うなど2アンダーをマークし、この日はボギーが1つ上回ったが、通算1アンダーで予選2日間を終了。15位から11位に浮上している。

その他の日本勢は、1オーバー52位からスタートした小林裕美が、7ストローク落とし8オーバー101に後退。片野志保も12オーバーで予選落ちになったが、福嶋晃子は初日の6オーバーから3ストローク伸ばし、通算3オーバー52位に浮上して予選通過を決めた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 BMOフィナンシャルグループカナディアン女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!