ニュース

米国女子チックフィルAチャリティ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2003年 チックフィルAチャリティ選手権
期間:04/25〜04/27 場所:イーグルズランディングCC(ジョージア州)

ウェブ撃沈!朴セリが怒涛のバーディラッシュで追い上げた!!

2003年米国女子ツアー第6戦「チック・フィルAチャリティ選手権」が、ジョージア州ストックブリッジのイーグルズランディングCCで開催された。2日目を終わって、2年前まで2年連続賞金女王のカリー・ウェブが首位に立ち、久しぶりの優勝を期待するファンも多かった。

しかし、これまで2日間ボギーを叩かぬ安定したゴルフを見せていたウェブだが、最終日だけでボギーを6つ叩くなど乱調ぶり。早々に優勝争いから脱落してしまった。

代わって上位に上がってきたのが、韓国の朴セリだった。前半3バーディの朴は、10番ホールで2日振りのボギーを叩いたが、続く11番から4連続バーディを奪った。そのままでも逃げきれるかと思ったが、ダメ押しのように16、最終18番も2日連続のバーディで16アンダーまで伸ばした。

ところが、そのままでは勝つことが出来なかった。ウェブと同じくオーストラリアのシャニー・ウォーが、16番ホールから上がり3連続バーディを奪い、朴の16アンダーに並んだのだ。

プレーオフに入り朴がウォーを振り切ったが、終盤のバーディ合戦は見ごたえがあった。朴の勢いを見たら、誰も食い下がる選手があられるとは思えなかったが、思わぬ伏兵の出現で最後まで目を放せぬ緊迫した展開になった。

その他の選手では、2日間イーブンパーの66位に低迷していたロレーナ・オチョアが、最終日に6ストローク伸ばし17位に浮上し、注目のアマチュア、ミッシェル・ウィは、3日間安定したゴルフで3アンダー止まり。33位で競技を終えている。

また日本勢は、小林浩美が予選落ち、福嶋晃子が予選を通過したが、最終日イーパーの通算3アンダー。ウィと同じく33位となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 チックフィルAチャリティ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはS.ランクンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
スペシャル対談 鈴木愛×セールスフォース代表小出伸一
女子プロゴルファー鈴木愛。2度のけがによる離脱をはねのけ、史上3人目の年間7勝。その彼女を支えてきた所属契約を結ぶ「セールスフォース・ドットコム」の小出伸一代表と2人のトップが熱く語った。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。