ニュース

米国女子HSBC女子チャンピオンズ2012の最新ゴルフニュースをお届け

藍は9位に後退、女王Y.ツェンが5位に急浮上!

◇米国女子ツアー◇HSBC女子チャンピオンズ2012 3日目◇タナ・メラCC(シンガポール)◇6,547ヤード(パー72)

首位と3打差の4位タイからスタートした宮里藍は、ボギーが先行する苦しい立ち上がりを迎える。4番、7番をボギーとし、前半折り返しの9番でこの日初めてのバーディ。さらに16番で2つ目のバーディを奪って粘りを見せるも17番を再びボギーとし、通算4アンダーの9位タイに後退している。

依然として首位タイは変わらずケイティ・フチャー、アンジェラ・スタンフォードジェニー・シン(韓国)の3選手。フチャーが一時単独首位に立つも最終ホールでスコアを落とし、シンがバーディパットを沈めて、通算9アンダーの首位タイに並んだ。さらに3日目にスコアを伸ばしたのは、2011年シーズン、国内女子ツアーで2勝を挙げているフォン・シャンシャン(中国)が、米女子ツアー初勝利に向け、首位と2打差の単独4位で最終日を迎える。

そのほか、1アンダーの20位タイからスタートしたヤニ・ツェン(台湾)が、この日のベストスコア「67」をマークして通算6アンダーの5位タイに浮上している。11番でボギーを叩くも6バーディ、1ボギーと圧巻のプレーを披露。前週の「ホンダ LPGAタイランド2012」では宮里藍と最終ホールまで及ぶ優勝争いを制し今季1勝を飾ったが、今週も世界ランク女王の勢いは衰えを知らず、早くも2勝目に向け猛チャージを見せるのか。

日本勢は宮里美香が1ストローク伸ばして通算3アンダーの12位タイ。上田桃子は通算1アンダーの21位タイと順位をひとつ落としている。昨年覇者のカリー・ウェブ(オーストラリア)は、3日目も「73」とスコアを1つ落とし、通算1オーバーの30位タイに後退している。

関連リンク

2012年 HSBC女子チャンピオンズ2012




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~