ニュース

米国女子ウィータビックス全英女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 ウィータビックス全英女子オープン
期間:07/29〜08/01 場所:サニングデールGC(イングランド)

K.スタップルズがアルバトロスを達成!メジャー初制覇

イングランドのサニングデールGCで行われている、米国女子ツアー第19戦「ウィータビックス全英女子オープン」の最終日。首位と1打差の3位タイからスタートしたカレン・スタップルズ(イングランド)が、大舞台でスーパープレーを披露した。

スタップルズは、1番パー5でイーグルを奪い幸先の良いスタートを切ると、2番パー5での第2打、ピンに向かって一直線に飛んだボールが、なんとそのままカップに入り“アルバトロス”を達成。出だしの2ホールで5ストローク伸ばし、大きなアドバンテージを得たスタップルズがその後もバーディを積み重ね、この日のベストスコア64をマーク。

女子メジャー史上タイ記録となる通算19アンダーで2位以下に5打差をつけ、地元選手が見事メジャータイトルを手にした。イギリス選手のメジャー大会優勝は、A.ニコラスの1997年「全米女子オープン」制覇以来となった。

また、通算14アンダーの2位にはレイチェル・テスキ(オーストラリア)、通算13アンダーの3位にはヘザー・ボウイ(米国)、通算12アンダーの4位にはロレーナ・オチョア(メキシコ)が入っている。

一方、首位と5打差の10位タイから逆転Vを狙ったアニカ・ソレンスタムだが、バーディの後にボギーとなかなかスコアを伸ばせず、通算8アンダーの13位タイで大会連覇を達成することはできなかった。

そのほか日本勢では、木村敏美が2つスコアを伸ばして通算5アンダーの25位タイでフィニッシュ。大山志保とメジャー初挑戦の茂木宏美は、最終日にスコアを崩してしまい2人とも通算2オーバーの42位タイで4日間の競技を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ウィータビックス全英女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはS.ランクンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
スペシャル対談 鈴木愛×セールスフォース代表小出伸一
女子プロゴルファー鈴木愛。2度のけがによる離脱をはねのけ、史上3人目の年間7勝。その彼女を支えてきた所属契約を結ぶ「セールスフォース・ドットコム」の小出伸一代表と2人のトップが熱く語った。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。