ニュース

米国女子ウィータビックス全英女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 ウィータビックス全英女子オープン
期間:07/29〜08/01 場所:サニングデールGC(イングランド)

アニカが連覇に向け黄色信号 R.テスキ、H.ボウイが首位

イングランドのサニングデールGCで行われている、米国女子ツアー第19戦「ウィータビックス全英女子オープン」の3日目。ムービングデイに相応しく好スコアが続出、上位陣に大きな変動があった。

この日12アンダーで首位に踊り出たのは、ヘザー・ボウイ(米国)とレイチェル・テスキ(オーストラリア)のメジャー初制覇を狙う2人。ボウイは、出だしの1番パー5でイーグルを決めるなどアグレッシブなゴルフを展開。3つのボギーを叩くも、この日スコア65を叩き出した。テスキは前半から猛チャージをかけ、1イーグル5バーディノーボギーのすばらしいゴルフを披露した。

<< 下に続く >>

また11アンダーの3位タイには、クリスティー・カー(米国)とカレン・スタップルズ(イングランド)がつけている。カーは9バーディノーボギーの完璧なゴルフを展開。スコア63をたたき出して21位タイから3位タイへジャンプアップした。スタップルズは、ダブルボギーをたたくなどスコアを2つしか伸ばせず、首位から後退している。

一方、大会連覇を目論む女王アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)は、1番、14番の2つのパー5でダブルボギーをたたくなど精彩を欠き、この日スコアを2つしかのばせず通算7アンダーの10位タイに後退。メジャー連覇に向け5打差からの逆転を狙う。

そのほか日本勢は、茂木宏美木村敏美大山志保の3人が決勝ラウンドに進出。茂木は通算4アンダーの25位タイ、木村は通算3アンダーの28位タイ、大山は通算1アンダーの35位と、3人ともこの日スコアを伸ばして着実に順位を上げている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ウィータビックス全英女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!