ニュース

米国女子ウェグマンズロチェスターLPGAの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 ウェグマンズロチェスターLPGA
期間:06/24〜06/27 場所:ローカストヒルCC(ニューヨーク州)

朴セリが4位発進!アニカは出遅れた

米国女子ツアー第14戦「ウェグマンズロチェスター LPGA」が、ニューヨーク州ピッツフォードにあるローカストヒルCCで開幕した。フィールドにアニカ・ソレンスタム朴セリといった強豪勢が揃ったということもあり、白熱した戦いが繰り広げられている。

初日首位に立ったのは、キム・サイキ。インコースからスタートしたサイキは、ボギーを叩かない安定したゴルフで、前半で4つ、後半で2つ伸ばし、6アンダーまで伸ばした。

<< 下に続く >>

また、5アンダーの2位につけたのは、昨年3勝を挙げているキャンディー・クン(台湾)。4アンダーの3位には、ようやく調子を上げてきたジュリー・インクスターがつけている。

そして、今季はいまいち元気のなかった朴セリが3アンダーの4位タイ発進。インからスタートした朴セリは、確実にスコアを伸ばしていくも、終盤にスコアを崩し後退した。だが、最終9番のパー3でバーディを奪い、明日に繋がるプレーを見せている。一方、女王アニカは、3バーディ3ボギーイーブンパーの34位タイからの、静かなスタートを切った。

そのほか日本勢では、山口千春が5バーディ4ボギーの出入りの激しいゴルフを展開し、1アンダーの23位タイからの順調なスタート。一方、東尾理子は、1バーディ3ボギー、2オーバーの62位タイと出遅れてしまった。

なお、今季「クラフトナビスコ選手権」を制したグレース朴は、残念ながら棄権している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ウェグマンズロチェスターLPGA




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!