ニュース

米国女子ステートファームクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

H.ボウイが単独トップ!若手のN.ガルビスが2位、東尾は23位の好発進

米国女子ツアー第24戦「ステートファームクラシック」が、イリノイ州のスプリングフィールドにあるザ・レールGCで開幕。初日、7アンダーでトップに立ったのが、へザー・ボウイ。これに1打差で、若手のナタリー・ガルビスら3人が続いた。

この日のボウイはショット、パットとともに冴え、スコアを伸ばしていった。4番でのイーグルを始め、10番、11番では連続バーディと快進撃を見せ続け、終わってみれば計5つのバーディ。しかもノーボギーという完璧なゴルフでフィニッシュし、スコア「65」をマーク。優勝へ向けて最高のスタートとなった。

さらに注目なのが、1打差の6アンダーで2位タイグループにつけたガルビスだ。初日を1イーグル、4バーディ、ノーボギーと、こちらも素晴らしいプレー内容でホールアウト。2日目以降も大いに期待がもてる。

また、ディフェンディングチャンピオンのクリスティ・カーも、首位と3打差の4アンダー、11位タイと好位置にいる。大会2連覇、そして先週の「ウェンディーズ選手権 for チルドレン」に続く2週連続優勝へ向けて、絶好の滑り出しだ。

そのほかの注目選手では、強豪のカリー・ウェブ(オーストラリア)が5アンダーの5位タイと上位につけ、グレース朴(韓国)も3アンダーの16位タイと、まずまずのポジションにいる。最後に日本の東尾理子だが、この日は3バーディ、1ボギーの2アンダーでラウンドし、23位タイと好発進。明日以降、さらなる上位進出に期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 ステートファームクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。