ニュース

米国女子HSBCワールド女子マッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2005年 HSBCワールド女子マッチプレー選手権
期間:06/30〜07/03 ハミルトンファームGC(ニュージャージー州)

宮里、諸見里が初戦突破!アニカも順当に駒を進める

米国女子ツアー第17戦「HSBCワールド女子マッチプレー選手権」が、ニュージャージー州、ハミルトンファームGCで開幕。今年から始まった、64選手で争われるトーナメント方式のマッチプレーマッチプレー大会。大会初日は1回戦32試合が行われ、日本勢の宮里藍諸見里しのぶ、アニカなど強豪勢が2回戦に駒を進めた。

優勝候補の筆頭であるアニカ・ソレンスタム(スウェーデン)は、ジョアネ・モーリーと対戦。前半は両者互角の戦いで進んでいく。試合が動いたのは13番、モーリーがボギーを叩きアニカが1アップにすると、続く15番でバーディを奪い2アンド1で勝利を収めた。

日本からは、宮里藍とアマチュアの諸見里しのぶが出場。宮里は1回戦でローラ・ディアスと対戦。宮里は出だしの1、2番でアップするなど、試合を優勢にすすめ、17番ドーミーホールでディアスがボギーを叩き2アンド1で勝利した。

そして諸見里は、エミリー・クラインと対戦。序盤相手に先制されるも、次々と取り返し前半を1アップで折り返す。続く後半、13番でダウンを許し並ばれたが、16番、18番でアップし、見事2アップで初戦を突破した。

2回戦の対戦相手は、宮里がベテランのジュリー・インクスターと対戦。諸見里はJ.ヤン(韓国)と対戦する。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 HSBCワールド女子マッチプレー選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。