ニュース

米国女子マクドナルドLPGAチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

夢の年間グランドスラムに向けアニカが今季メジャー2勝目!

メリーランド州、ブルロックGCで行われている、米国女子ツアー第14戦「マクドナルドLPGAチャンピオンシップ」の最終日。2位に5打差をつけスタートした女王アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)は、この日も確実にバーディを積み重ねて今季メジャー2勝目、メジャー通算9勝目を飾った。

最終日も晴天となり、メジャー特有のグリーンの固さはさらに厳しさを増した。一緒にまわったキム・ヤン(韓国)がスコアを崩していく中、アニカは安定したゴルフを展開。終盤の17、18番と連続ボギーをたたいたが、2位に3打差をつけ余裕の勝利。今季メジャー第1戦の「クラフトナビスコチャンピオンシップ」と同じく、圧倒的な強さを見せつけた。

上位陣がスコアを崩す中、3アンダーでラウンド。トータル8アンダーで2位に入ったのは15歳のミッシェル・ウィだった。女子プロの最高峰を競う大会にアマチュアが出場するということで、開催前から物議をかもしていたウィだったが、外野の声に左右されず堂々としたゴルフを展開。どんな大会でも優勝を狙える実力があることをしっかりとアピールした。

また、今季「サイベースクラシック」で初優勝を果たした18歳のルーキーのポーラ・クリーマーが大健闘。最終日のベストスコア「67」をたたき出し3位タイに入った。

ウィ、クリーマー、さらには初日トップに並んだ22歳のナタリー・ガルビス。外国勢に遅れをとっていた米国の選手に、将来の大活躍が期待できる若手が現れ始めた。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 マクドナルドLPGAチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。