ニュース

米国女子セーフウェイインターナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 セーフウェイインターナショナル
期間:03/17〜03/20 スーパースティションマウンテンG&CC(アリゾナ州)

L.オチョア8アンダー首位!女王アニカは1打差3位スタート

米国女子ツアー第3戦「セーフウェイインターナショナル」が、アリゾナ州にあるスーパースティションマウンテンG&CCで開幕した。初日から各選手好スコアをマークし、白熱した戦いが期待される。

首位に立ったのはロレーナ・オチョア(メキシコ)とS-A.リン(マレーシア)の2人。オチョアはボギーを1つ叩いたが、4連続バーディなどで7アンダーまで伸ばした。一方リンはアウト・インともに後半の4ホールを連続バーディを奪った。

そして1打差の6アンダー3位にはアニカ・ソレンスタム(スウェーデン)とジュリー・インクスターの2人が並んだ。アニカは6バーディ、ノーボギーの安定したゴルフ。対するベテランのインクスターはボギーを2つ叩きながらも5連続バーディなどアグレッシブなゴルフで好スタートをきった。

次週は今季メジャー初戦「クラフトナビスコ選手権」が開催される。優勝候補の筆頭であるアニカが順調な仕上がりを見せているが、インクスターもメジャー大会には強い選手の一人だ。地元米国の若手有力選手がなかなか現れない中、インクスターやメグ・マローンなどベテランの活躍が期待される。

その他、次週のメジャー取りに向け調子を上げたいグレース朴(韓国)は、1アンダー24位。同じく韓国のエース朴セリは、イーブンパーの42位と少し出遅れてしまった。今シーズン完全復活を狙うカリー・ウェブ(オーストラリア)は3アンダー9位とまずまずのスタートを切った。

また、アマチュアのミッシェル・ウィは1オーバーの63位。日本から唯一出場している東尾理子は、4オーバーの112位と出遅れてしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 セーフウェイインターナショナル




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。