ニュース

国内シニア日本シニアオープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

トリもあったが…寺西明が首位で最終日へ 川岸良兼らが2打差

2020/09/19 15:32


◇国内シニアメジャー◇日本シニアオープン 3日目(19日)◇鳴尾GC(兵庫県)◇6601yd(パー70)

初日から首位に立つ寺西明が1イーグル2バーディ、1ボギー1ダブルボギー1トリプルボギーの「72」と激しい内容のゴルフ。後続との差は5打から2打に縮まったものの、通算4アンダーでその座をキープし、地元・兵庫で初の日本タイトル奪取に向けて最終日に臨む。

<< 下に続く >>

4番(パー3)はティショットを右の谷底に落として4オン2パットのトリプルボギー。「ダボまではOKとしても、さすがにトリは辛い。だけど、受け入れないとしょうがない」と続くホールのバーディで、なんとか傷は食い止めた。首位を守るプレッシャーか、それでも、振り遅れによるスイングの狂いに気付いた10番以降は、再び安定感を取り戻した。

「緊張するのが好き。そのためにプロゴルファーになった」と寺西はいう。「緊張するということは、向上心があるとか、少しでも良いカッコがしたいという欲がある証明。緊張があるからこそ、続けていけるし、練習もできる。緊張がなくなれば、プロも辞めると思います」と、日本タイトルを争う最終日最終組の緊張感も、“生”を実感できる瞬間に違いない。「あすもノープランです。ゴルフの基本に戻って、グリーンセンター狙いでパーを獲る。そこから考えていきたい」と体当たりで勝負する。

通算2アンダーの2位にこの日のベスト「67」をマークした川岸良兼岡茂洋雄。1アンダーの4位に藤田寛之鈴木亨篠崎紀夫の3人が続いた。イーブンパー6位に秋葉真一小山内護がつけた。

15位で出た前年覇者の谷口徹は「75」とスコアを落とし、通算7オーバーの26位に後退した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 日本シニアオープンゴルフ選手権競技




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!