ニュース

国内女子LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

イ・ボミが単独首位 渋野日向子は2打差3位で最終日へ

◇国内女子メジャー第4戦◇LPGAツアー選手権リコーカップ 3日目(30日)◇宮崎CC(宮崎県)◇6535yd(パー72)

首位に3打差から出たイ・ボミ(韓国)が7バーディ、4ボギーの「69」とし、通算7アンダーの単独首位に浮上した。後続に1打差をつけ、2017年8月「CATレディース」以来のタイトルに前進して最終日を迎える。

通算6アンダーの2位にペ・ソンウ(韓国)。後半に2つ伸ばして「71」とし、スタート前と同じポジションをキープした。

通算5アンダーの3位に、賞金ランキング3位の渋野日向子。イと同組で3打差を追い、上がり2ホールを連続ボギーで落とすなど5バーディ、4ボギーの「71」。逆転女王には単独2位以上が最低条件となる。

通算4アンダーの4位に古江彩佳、首位から出て「75」と落としたテレサ・ルー(台湾)が続いた。

17位から出た鈴木は4バーディ、2ボギーの「70」とし、通算1アンダーの12位に浮上。同ランク2位の申ジエ(韓国)は通算イーブンパーの17位。申は通算1オーバー以内で大会を終えれば、ツアー史上初となる平均ストローク60台の偉業達成となる。

<上位の成績>
1/-7/イ・ボミ
2/-6ペ・ソンウ
3/-5渋野日向子
4T/-4/古江彩佳テレサ・ルー

12T/-1/鈴木愛 ほか
17T/0/申ジエ ほか

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには鶴岡果恋プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!