ニュース

国内女子スタンレーレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

黄アルムがツアー初の無観客短縮決戦制す 渋野日向子は6位

◇国内女子◇スタンレーレディスゴルフトーナメント 最終日(13日)◇東名CC(静岡)◇6572yd(パー72)

台風19号の影響で27ホールの短縮競技となった大会の最終日は、1988年のツアー制施行後初の無観客試合として、9ホールが行われた。首位から出た黄アルム(韓国)が1バーディ、ボギーなしの「35」でプレー、通算8アンダーで逃げ切り、今季初優勝を挙げた。昨年11月「伊藤園レディス」以来のツアー通算5勝目。

短縮になったとはいえ、朝から緊張感に襲われたという。「18ホールは長いけど、ミスを受け止める時間がある。9ホールはミスをできないという緊張の連続でした」。唯一スコアが動いた15番は2.5mを入れてバーディ。フェアウェイキープ率100%、パーオン率89%。危なげない内容だった。

今季は勝ち星から見放され、3週間前の「デサントレディース」時には、「テークバックをどう上げれば良いかわからなくなった。パニックのような感じだった」と涙を流したという。オフの週にイメージトレーニングを重ね、徐々にショットを戻してきた。シーズン終盤に勝利を飾り、「もう残りはなんでもいいです(笑)。正直、十分ですよ」と笑顔で語った。

2打差の通算6アンダー2位に菊地絵理香武尾咲希篠原まりあ、アマチュアの星川ひなの(日大2年)の4人。渋野日向子はこの日ベストスコアの「32」をマークし、イ・ボミ(韓国)、稲見萌寧笠りつ子森田遥全美貞(韓国)と並んで、通算5アンダー6位に入った。

<主な最終成績>
優勝/-8/黄アルム
2T/-6/武尾咲希篠原まりあ星川ひなの(アマ)、菊地絵理香
6T/-5/イ・ボミ渋野日向子稲見萌寧全美貞笠りつ子森田遥
12/-4/山路晶
13T/-3/三浦桃香比嘉真美子神谷そら(アマ) ほか

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2019年 スタンレーレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。