ニュース

国内女子TaKaRa WORLD INVITATIONALの最新ゴルフニュースをお届け

ノイマン、独走態勢に移る!

珍しく気温は上がったがそのかわり風が吹いた。この日アンダーパーをマークしたのはJ.セビルただひとりだけという、選手たちにとっては苦しい展開だった。首位のリサロッテ・ノイマンもボギー連発で、午前中は39。

「風が強いだけでなく、風向きが違ってしまったので苦労した」というノイマン。しかし午後に入ると10番、11番をバーディ。 「この連続バーディで持ち直したとは思うんですが、パットの調子がいま一つで、まぁこんな堅実なスコアになったわけです」
ノイマンの武器となったのは9番ウッド。「3番.4番アイアンがあまりボールが上がらなかったので、ボールを上げたいときに使いました。今日は3回使ったかな」という。160から170ヤードにぴったりらしい。
昨夜も酒を「少し」飲んだのだが、つい松竹梅にするのを忘れてしまった。それで「失敗しました」と言う。そのかわりダルマをもらったので、最終日はバッグに入れておくのだとか。

本山裕子が頑張り続けている。3バーディ、4ボギー、1ダボの75。「距離が合わなくて大変でした。風に流されれば池だし」と本山。「ノイマンさんはすごく冷静。アウトでボギーが続いても、ちっともリズムが変わらない。どこかで戻すんだろうなと思っていたら、インに入って連続バーディ。すごいです。私は絶対なんとか赤字(アンダー)で上がりたいと思ってましたから、17番のバーディは嬉しかった」
これでかろうじて赤字のホールアウト。上も遠いところにいるが、下もまた2打差と微妙な位置につけている。一人ぼっちじゃ、すこし寂しい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1997年 TaKaRa WORLD INVITATIONAL




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには鶴岡果恋プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!