ニュース

国内女子再春館レディースの最新ゴルフニュースをお届け

山崎千佳代、塩谷を抑えての優勝

「途中まではいけるかなと考えていた」塩谷育代。最終18番のバーディトライは「途中までは入った!と思った」 しかし山崎千佳代は「あのパットは見ませんでした。自分のこの40センチのパットを入れるんだ、そればかり考えていました」 結局はどちらもパー。スコアを伸ばすことのできなかった塩谷は、3バーディ、2ボギー、1ダブルボギーと苦しみながら73に抑えた山崎に1打差で破れた。
その塩谷が「今日のプレーは素晴らしかった」という山崎。「ゴハンを食べるよりも好きだったゴルフが、一時期はクラブも握るのもイヤになった時期がありました。でも去年、フロックで勝つことができて、おかげてシードもとれて、今回の勝利にもつながったんですね。ズルズルいかないように、しっかり頑張ります」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

1997年 再春館レディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。