ニュース

国内女子那須小川レディスプロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

プレーオフを制し、服部道子、今季2勝目

ズルズルと崩れかかった服部道子。しかしたにひろえは82と壮大に墜落し、追いすがる選手がいなかった。周囲が後退していく中でかろうじて踏みとどまり、プレーオフの権利を得たのは西田智慧子ただ一人。

1対1の戦いになると自信がものを言う。冷静な服部はトップボールをピンそばに付ける幸運も呼び込み、再春館レディスに続く今季2回目のプレーオフ勝利。早くも2勝目を上げた。賞金ランキングも2位の原田香里に1千万円の差をつけて2700万円。ほぼ独走態勢。

本戦での服部は15番、17番18番とボギー連発。「課題の残る1日でした。17番、18番はサービスホールなのにボギー。逃げ腰というか安全策になってしまった。これで2勝目ですが、最後の方で弱さが出てしまったのはこれから頑張れよという意味かもしれません」
勝ったにしては表情が冴えなかった。こんな薄氷を踏むような勝ち方で秋まで維持できるかどうか。「今度は完全優勝したいです。それが課題です」

またも勝てなかった西田智慧子。18番のバーディで結果的にプレーオフの権利を得たが「その時点ではプレーオフになるなんて思ってもいませんでした。単独2位でよかったと思っていました。そういう意味では緊張はなかったんですが・・・」
勝利は逸したが、調子は上向き。「自分としてはいいペースの1日でした。今週がいいキッカケになるよう頑張ります」

関連リンク

1998年 那須小川レディスプロゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~