ニュース

国内女子ニチレイPGMレディスの最新ゴルフニュースをお届け

古閑、横峯、有村! 最終組はツアー屈指の顔ぶれ

茨城県の美浦GCで行われている、国内女子ツアー第14戦「ニチレイPGMレディス」の2日目。最終組の3選手が伸び悩む中、スコアを伸ばし単独首位に浮上したのは、3年ぶりに今大会の優勝を狙う横峯さくらだった。

3アンダー5位タイからスタートした横峯は、前半に3バーディを奪うと、11番からは3連続バーディを奪い一気に9アンダーまでスコアを伸ばした。しかし、「終盤は嫌なホールが多い」と本人も言う通り、バーディチャンスにつけるどころか、17番でボギーを叩き8アンダーに後退。それでも2位に2打差をつけて最終日を迎えることになった。

<< 下に続く >>

通算6アンダーの単独2位は、この日1ストローク伸ばした有村智恵。前半は2バーディと着実にスコアを伸ばした有村だが、初日同様後半に勢いを失い、15番パー3で3パットでのボギーを叩いてしまった。最終18番パー5も2オンに成功しながらも3パットのパーでホールアウトした。

通算5アンダーの3位タイには、森田理香子古閑美保全美貞(韓国)の3人。さらに1打差の通算4アンダー6位タイには、李知姫(韓国)、永井奈都、叶莉英(中国)の3人が並んでいる。その結果、明日の最終日は、横峯、有村、そして古閑が加わり、女子ツアー界で現在最も人気を集める3人が揃ってラウンドすることになった。

最終日の天候は雨が予想されるが、この最終組には多くのギャラリーが集中しそうだ。その間隙をぬって全、李など実力ある選手が逆転のチャンスを虎視眈々と狙っている。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ニチレイPGMレディス




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!1月のマンスリーゲストには小林瑞季プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!