ニュース

国内女子ヨネックスレディスオープンゴルフの最新ゴルフニュースをお届け

村口、1シーズンダブル2連続Vへ

1999/08/27 18:00


6年ぶりにヨネックスが主催する女子トーナメント、99年ヨネックスレディスオープン初日。悪天候のため一時中断もあったが、無事第1ラウンドを終えた。今季すでに3勝を挙げた村口史子が2アンダーで鈴木香織・高須愛子と共に首位。続く4位に井上陽子・那須美根子がつけている。

4バーディ・1ダブルボギーで首位タイとした村口史子。前半はボギーなしで2バーディを稼いだ。後半3ホールめの12番をOB。ダブルボギーとし貯金がゼロになった。しかしその後挽回。13番・14番を1ピンにつけ連続バーディを決め、トータル4つのバーディを取り2アンダーとした。

9番ではカップがはるか彼方にあったが、強気に打った「打っちゃえ!みたいな感じのパッティング」はフック気味にカーブし25メートル先のカップへ吸い込まれた。 「実は練習日にも3個OBしちゃったんで・・・明日はOBに気をつけたいですね」

鈴木香織は6バーディ・4ボギー。13番から16番を4連続バーディを沈めた。インタビュールームに入りながら「うわー!カッコイイですね。こんな所、初めてです」 鈴木はが2番ホールをボギーとしたところで一時中断となった。体が硬くなりそうでイヤという選手も多いが「いい休憩になりました」と。プレーが再開すると休んで調子が良くなったのか、4番・6番の4メートルをバーディとした。

「上出来です」というのは高須愛子。鈴木と同じく6バーディ・4ボギー。3番4番、13番14番を連続バーディとした。ハーフで中断となったが「最近腰の調子が悪いので、あの中断うれしくない。雨が腰に応えるから」

関連リンク

1999年 ヨネックスレディスオープンゴルフ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~