ニュース

国内女子ヤクルトレディースゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

村口、山岡、具玉姫がリード。大混戦。

混戦になった。3打差に17人。2打差でも10人。ぎゅうぎゅう詰めの缶詰状態だ。
初日2位の村口史子、山岡明美、具玉姫の3人が奇しくも揃って69をマーク。仲良くトップに並んだ。ベテラン、中堅どころが明日は激突する。すぐ下には不動裕理大場美智恵とちょっと若い顔も並んでいるが少数派という雰囲気だ。

村口史子は5バーディ、2ボギー。「60台のスコアだから、だいたい目標通り。良かったです。ショットには不満があるんだけど、なんとかミスをカバーできてるし、落ち着いてプレーできてるという感じですね」
もちろん優勝したい。「でも優勝は結果でしかない。どこまでスコアを伸ばせるか。それを目標としてプレーします」

山岡明美はダボ入りの69。「3番でいきなりOB。今日はついてないんだと言い聞かせて、でもまだ15ホールあるんだから残りを頑張ろうと考えてたら、こういうスコアになってしまった・・。今年の抱負? ゴルフやれるだけいい、という感じです」
具玉姫もボギー2つ入りの69。「明日はパター次第。始めから優勝を狙っていきます」

不動裕理が8バーディ、1ボギーの65。コースレコードタイを記録した。「絶好調。今日は納得できます。グンゼの優勝は逸したけど、とりあえず毎週上位にいることが目標です。そうすればチャンスは巡ってくる。あとは運だけです」 女子プロ七不思議の一つ「不動裕理は何故勝てない」の決着をつける日も遠くはないはずだ。今週もまた絶好のチャンス。

関連リンク

1999年 ヤクルトレディースゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには田村亜矢プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~