ニュース

国内女子グンゼカップワールドレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

井上陽子、逃げきって今季2勝!

逃げる井上陽子、追う不動裕理というつば競り合いの展開となった。一時は不動の3連続バーディで逆転されてしまったが、井上は17番でタイに追いつき、最後の最後でボギーとした不動裕をかわしての今季2勝目。早くも獲得賞金2160万円を稼ぎ出した。不動裕理は今回もまた惜しいところで初優勝を逸してしまった。

最後まで勝敗が分からない展開だっただけに「まだ実感がないです。何がなんだかわからない」という井上。「たとえ2位でもいい、次回につながるようなゴルフがしたかった。流れを大切にプレーしました」
最終18番ではグリーン右下から大胆なロブショットをフワリと打ってパーセーブ。「100点満点。あの時点ではあの打ち方しかなかったです。一昨年、NECスーパーゴルフで岡本(綾子)さんに教えてもらった打ち方です」

ダイキンオーキッドで優勝してから予選落ちが続いていた。月曜の朝「頑張って」という岡本綾子からのメールが入っていた。それが心の支えになったという。「思いっきりのびのびと、胸を張って堂々と歩きなさい」と書いてあった。
面と向かうより、やっぱりメールの方が言いやすい。それで毎日のように岡本にメールを書いているのだが、ぜんぜん返事がこないという。「今日も朝、チェックしたんですけど・・。どこへ行ってしまったんだか」

不動裕理はまたも勝てなかった。「今までの中では一番のチャンスでした。今までだとアウトでダメになっていたんです。18番まで争ったのは初めて。実力を考えたら、精一杯というところだと思います・・また頑張ります」

パク・セリは最後まで調子を出せなかった。「最善を尽くしたけど、結果にはつながらなかった。また来る機会があったらもっといい成績を残したい」

日大4年、大山志保は最後まで頑張り通して堂々の6位タイ。「後半に入ってからリズムが早くなって、アイアンが変になった。ベスト5には入りたかったし、アンダーパーかパープレーでは回りたかったんですが。残念です」

関連リンク

1999年 グンゼカップワールドレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~