ニュース

国内女子那須小川レディスプロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

またも若手が初日をリード!

1999/04/23 18:00

約1カ月のブランクをおいて始まった女子ツアー。男子のキリンと呼応したかのように韓国の韓煕圓がノーボギーのラウンドで初日をリードした。大学を休学して昨年プロ入りし、日本ツアーでも初登場でいきなりシードを確保した逸材だ。「今日は満足です。パターがけっこう入ってくれたしショットも良くなってきました」
この1カ月は韓国に帰っていた。サンダス女子オープン、韓国女子オープンなどに出場。日本には日曜に戻ってきたばかりだ。「今年こそ早く1勝したいです。明日も今日と同じように3か4つ伸ばして、ボギーを叩かないようにしたいです」

1カ月前に初優勝したばかりの平尾名芳子が、今週もまた好調だ。4バーディ、2ボギー。「好調というほどでもないです。アプローチで拾っていけたから、まずまずの成績になっただけです。納得はしていません」
ブランクがあったとはいえ、優勝の次の大会で悪いゴルフはしたくなかった。「とりあえず2アンダーでホッとしました。1カ月あったので、気持ちの切り換えができたのだと思います」
再春館の勝利は地元優勝だった。会う人会う人に「おめでとう」と言われ続けた。だから、浮かれないように、気をつけた。優勝は嬉しかったし喜びは十分味えたが、しかし翌週からは気持ちを切り換えようと練習を続けた。まだ25歳。

この2人と較べると大ベテランということになりそうだが、村口史子も5バーディ、3ボギーとまずまず。「オープンウィークの間に初めてマスターズに行ったんです。コースがきれいだし、ギャラリーもよくゴルフを知っている。すごくいい雰囲気で、なんか自分も頑張ろうという気になってしまいました」

関連リンク

1999年 那須小川レディスプロゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~