ニュース

国内女子LPGAツアーチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

高村首位キープ。今度こその中野が2位へ

スコアが伸びなかった曇天の3日目。首位高村亜紀は73プレーでなんとかトーナメントリーダーの座を保った。何回も惜しいチャンスを逃がしている中野晶、高又順が浮上して2位3位と迫っている。不動裕理も4差でまだ十分射程距離内。最終日も激戦になりそうだ。

高村亜紀は2ボギー、1バーディ。3番でバンカー入りしたティショッが目玉でボギーが先に来た。じっとガマンして9番でたった一つのバーディ。14番で左ラフから乗らずボギー。あとはひたすら凌いだパーの連続だった。「今日はよく頑張りました。よくまとめたという感じです」

スタート前から体が重い感じがあった。「キレがないというか、何か疲れたなーと。今日はガマンの日になるのかなと思ってました」 思い当たる理由は昨夜の焼き肉の食べ過ぎ。もともと疲れると腹を壊しやすい体質なのに、つい食べてしまった。しかし今朝はしっかり朝食をとれたし、今夜も焼き肉以外ならしっかり食べようと思っているという。

この試合を取ると、日本女子オープン、女子プロに続く公式戦3冠となる。「記録に関してはまったく意識はないです。公式戦というよりも、とにかく試合に勝ちたいという気持ちです」

上位常連が定着してしまった感のある中野晶。いきなり4番から連続ボギーが来た。以後もバーディ・ボギーが交互にくるような荒いラウンドだったが終盤16番、18番のバーディでようやく気分よく終えることができた。

「忙しいゴルフでした。四角(ダボ)取らなくて良かった。これが今の中野のゴルフですね」

ショットの出来不出来の差がはっきりし過ぎている。自己採点すれば60点。しかしそれが今の自分なら受け止めるしかない。「いくら三角(ボギー)が多くても、丸(バーディ)がそれを上まわっていればそれで結果ヨシ」と考えておくしかない。「明日が勝負です。その結果、自分を採点したい。明日は丸と三角の差が4つ以上はほしいですね」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2000年 LPGAツアーチャンピオンシップ




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。