ニュース

国内女子アピタ・サークルK・サンクスレディスの最新ゴルフニュースをお届け

米山みどり、首位に並んで国際(?)対決

2000/06/17 18:00


前日4位グループの米山みどりがスコアを伸ばして首位にならんだ。ダントツ首位だった金萬壽は75と崩しながら、しかし首位タイをキープ。トップ5は韓国、台湾、日本と国際試合(?)のような雰囲気になってしまった。

米山みどりは8番でまずボギー。「ドライバーが7番ホールから最後までドロップボールになっしまった。でも逆に、曲がらないのでよかったとも言えましたね」

<< 下に続く >>

10番で4メートルを入れ、11番もバーディ。14番ロングは5メートルが入ってバーディ。これで貯金を2つ増やした。

現在、ショットを改造中という。 「ショットはずーっと悪いです。アドレスしてもラインのイメージが出ない。昨日の1アンダーもびっくりしたのに、今日は2アンダー。よくガマンしたと思ってます。明日もこんなガマンのプレーができたらと思います」
米山にとっては4月の再春館いらいのチャンス。今季2勝目をなんとか掌中にしたいところだが「高望みしても、イメージが追いついてこない」のだそうだ。現在はあくまで「上手になるためのステップを踏んでいる最中」と考えている。

追いつかれてしまった金萬壽は3バーディ、4ボギー、1ダボという賑やかな内容だった。「霧で7番は待ったりした。昨日のようにいかなかったね。リズムが崩れたというんじゃなく、とにかくゴルフが悪かった。特にショットがね」
それでも最終18番、411ヤードのミドルホールだが1打は右ラフ。5Wでギリギリ池を越し、なんとか寄せようとした50ヤードのSWが直接入った。「今日はずーっと悪かったから、パーでもラッキーと思ってたのに。いい上がりができました。明日も最後にこの18番みたいなショットが打てればいいですね」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2000年 アピタ・サークルK・サンクスレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!