ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

雷雨でもスコアを伸ばした福嶋晃子が、8アンダー暫定単独首位へ!

茨城県の茨城GC西コースで開催されている、国内女子ツアーのメジャー第1戦「ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ」の2日目。夜半からの雨はスタート前には止んだが、雷の影響により一時間遅れでのスタートに。風も穏やかで、グリーンも止まりやすく、スコアを伸ばすには絶好のコンディションだった。

ところが、12時41分に雷のためにプレーが一時中断。2時間20分後の15時1分に再開されたが、全選手はホールアウトできなかった。この悪天候の中、4アンダー首位タイからスタートした福嶋晃子が、この日も4ストローク伸ばし通算8アンダー。暫定ではあるが、単独首位に立ち予選ラウンドを終えている。

<< 下に続く >>

1打差の通算7アンダー、暫定2位には、この日6バーディ、3ボギーと出入りの激しいゴルフの全美貞(韓国)。さらに2打差の通算5アンダー、暫定3位タイには、4バーディを奪ったポーラ・クリーマーの他、諸見里しのぶ李知姫(韓国)の3人が並んでいる。ポーラはアイアンショットが冴え、随所でバーディチャンスを迎えたが、パッティングが思うようには決まらなかった。

そして、今季すでに1勝を挙げ賞金ランキングで首位に立つ横峯さくらが、ホールアウトした選手の中ではこの日のベストスコアとなる「67」を叩き出し、通算4アンダーで暫定6位タイに急浮上してきた。前半は5番パー5での1バーディだったが、後半に入り3連続バーディを奪うなど攻めのゴルフを披露した。

試合は18時2分に日没のためサスペンデッドに。午後スタートの20組全選手がホールアウトすることができなかった。横峯と同じ通算4アンダーには、3ホールを残した佐藤靖子、6ホールを残した有村智恵と7ホール残した若林舞衣子の3人がスコアを伸ばしている。大会3日目は、午前7時から第2ラウンドの残りが再開される予定になっている。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!