ニュース

国内女子第9回日韓女子プロゴルフ対抗戦の最新ゴルフニュースをお届け

今年の日韓対抗戦はノーゲーム

2008/12/07 17:31


韓国・済州島にあるピンクスゴルフクラブで開催されている「2008 THE PINX CUP 第9回日韓女子プロゴルフ対抗戦」は、初日が積雪の為に中止となり、2日目はインの9ホールに短縮して行われる予定だった。

2日目に入って雪は止んだものの、前日から徹夜で続けられたという150人体制の除雪作業をもってしても、フェアウェイの一部とグリーンがようやくプレー出来るまでに回復した程度。少しでもコースを外れると雪に埋もれてしまう状態に、公式競技の開催は無理と判断し、急遽9ホールのエキシビジョンマッチに変更された。

全12組が9ホールをラウンドし、最後は18番グリーン上で親善セレモニーが行われた。大会主催者の計らいにより、賞金総額5,850万円を出場選手26人で均等割りし、一人当たり225万円が支払われた。

その賞金から、韓国チームは1000万ウォンを恵まれない子供達に、さらに300万ウォンを除雪作業に当たったコースの従業員に寄付。日本チームも、各選手が2万円ずつを出し合って、同じくピンクスゴルフクラブへの寄付とした。

「2日間、ちゃんと18ホールをやりたかった」と、日本チームのキャプテン・福嶋晃子は残念がったが、大会期間中を通して両国の選手達は交流を深め、日韓親善の目的は達成された。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 第9回日韓女子プロゴルフ対抗戦

  • 2008/12/06~2008/12/07
  • 賞金総額:6,150万円
  • ピンクスGC(韓国)



特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。