ニュース

国内女子富士通レディースの最新ゴルフニュースをお届け

福嶋晃子が首位発進! さくらが3位タイで追う!

国内女子ツアー第31戦の「富士通レディース」が、千葉県にある東急セブンハンドレッドクラブで開幕した。快晴に恵まれた初日、風も穏やかな絶好のコンディションとなり、スコアを伸ばす選手が続出。熾烈なバーディ合戦が展開された。

その中で単独首位に立ったのが、コースレコードを更新する「63」、9アンダーという驚異的なスコアを叩き出した福嶋晃子。「パットが入ってくれた」と、この日10バーディ、1ボギー。3番では11メートル、8番では12メートルのバーディパットをねじ込むなど、「すごいのが入りました。こんなことがあっていいのかな」と、自身も驚くほどパットが冴え渡った。今週は、賞金女王トップを走る李知姫が欠場。2位で追う福嶋にとっては差を詰めるチャンスの週、これ以上ない絶好のスタートを切った。

6アンダーの単独2位に、6バーディ、ノーボギーと終始安定したプレーを見せた三塚優子。2週前の「日本女子オープン」後に気管支炎と診断され、先週は欠場して体調回復にあてた。今日の結果と内容を見る限り、体調面での不安はまったく無いようだ。ディフェンディングチャンピオンの横峯さくらは、ショットの安定性に加えてパットも冴え、5バーディ、ノーボギー。西塚美希世と並び5アンダーの3位タイ発進とし、大会連覇、そして今季初勝利に向けて上々の滑り出しを見せた。

4アンダーの5位タイには原江里菜、藤田幸希、表純子の3人。アマチュアの藤本麻子が3アンダーでホールアウトし、不動裕理古閑美保らと並び8位タイにつけている。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 富士通レディース




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。