ニュース

国内女子クリスタルガイザーレディス ゴールデンスペシャルの最新ゴルフニュースをお届け

笠りつ子が自己ベストで単独首位!

千葉県にある京葉CCで開催されている国内女子ツアー第8戦「クリスタルガイザーレディス ゴールデンSP」初日、曇り空で時折雨がぱらついたが、気温は20度近くまで上昇。大会は、まずまずのコンディションでスタートした。

上位争いはフレッシュな顔ぶれとなった。単独首位に立ったのは、7バーディノーボギーの「65」で通算7アンダーとした笠りつ子(20=TKUテレビ熊本)。コースレコードタイとなる「65」は、「多分、自己ベストです」という。

「今日はショットも良かったし、パターも良かった」という笠だが、開幕から5試合は連続予選落ちが続いていた。同じ事務所に所属する縁で、シーズンオフに男子プロの谷原秀人らと合宿し、スイングや精神面での差を感じた。「最近まで、スイングのことばっかり考えていた」という笠だが、「ゆっくりやっていこうと思って、今は何も考えていません」とその迷いを吹っ切った。「今は自分のスイングがどうなっているか分かりません」と、豪快に笑い飛ばした。

笠も最近の女子ゴルフ界を席巻する熊本出身の一人。「桃子ちゃんに早く追いつきたいです。ジュニア時代には、あんなに強くなるとは思いませんでしたけど、今はすごい人になってしまったので」と、身近なライバルに追いつけ追い越せで、まずは自身の初優勝を目指す。

1打差の2位タイに、若林舞衣子(19=ヨネックス)と井芹美保子(22=インボイス)の二人が続いている。「けっこう楽しくゴルフ出来ました」という若林と、「ライフカードの最終日でやっと分かって、ここ2週はショットが安定してきました」という井芹。大会2日目は若い3人での最終組となった。

その他、横峯さくらは2アンダーの13位タイ。ディフェンディングチャンピオンの茂木宏美は1アンダーの23位タイにつけている。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 クリスタルガイザーレディス ゴールデンスペシャル




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。