ニュース

国内女子伊藤園レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

賞金女王を狙う2人がいきなり7アンダーで激突!

国内女子ツアー「伊藤園レディスゴルフトーナメント」が、千葉県のグレートアイランド倶楽部で開幕した。女子ツアーも今シーズン残すところ3試合となり、賞金女王争いが激しくなるが、初日、いきなり渦中の2人が好スコアをマークした。

3年連続での女王の座を狙う不動裕理。そして、500万円差で追う藤井かすみ。2人が初日から同じ組でのラウンドとなった。先手を取ったのは藤井。2番、3番で連続バーディを奪うと、5番パー5もバーディ。さらに、8、9番でもスコアを伸ばし前半だけで5バーディを奪った。

そして、後半に入り10番と3連続バーディで完全に勢いに乗ったが、その後は15番でバーディを奪いトータル65。7アンダーで首位に立った。

「スタート前、スコア的な目標もなく、すごくしっとりした気持ちで、ぜんぜん気負いもありませんでした。結構、ドライバーとかいい感じでした。あと2日間、不動さんと一緒かな。なかなかマッチプレーみたいで難しいところありますよね。いいところは真似ようと思って、最近不動さんのプレーを見るようにしています」

スタートダッシュを見せた藤井に対し、不動はマイペースのゴルフを続けた。前半は3バーディ、後半10、13番で伸ばして5アンダー。そして、15番パー5ではイーグルを奪いあっという間に7アンダーの藤井に追いついた。

「かすみさんとは楽しく回ってます。自分は60台で回れば十分と思っていたんです。だから、藤井さんのペースは、勝手に行ってくれ、という感じでした。絶好調という訳ではありません。今日はたまたま入ったから良かったんですけど・・・」

相変わらずの不動節。気合い十分の藤井に対して、真っ向から勝負を挑むことはないが、じわじわ責めるのが不動の信条。今週は最終日まで目が離せなくなりそうだ。

関連リンク

2002年 伊藤園レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~