ニュース

国内女子SANKYOレディースオープンの最新ゴルフニュースをお届け

木村敏美が今季初勝利に向け単独首位に立った!

国内女子ツアー「SANKYOレディースオープン」2日目。この日のベストスコアとなる65でまわった木村敏美が、トータル9アンダーで単独首位に踊り出た。

今日2アンダーでスタートした木村は、前半からショット、パットとも好調で、8バーディ1ボギーという内容。最終ホールのパー5では2オンを果たし楽々バーディという好調さだ。2位の藤井かすみに2打差をつけ、今季初勝利に向け一歩前進した。

<< 下に続く >>

「最近は若いプロの子たちに『今日はいくつでまわるんですか?』なんて聞かれます。目標にされてるのか、狙われているのか分かりませんが(笑)、それが良い刺激になっている。明日は、自分にプレッシャーをかけないように安定したゴルフを心がけて、それが優勝という結果に結びつけば良いと思ってやる。明日は相手が藤井さんだから、おいていかれないように気を引き締めていきたい」

木村は今季好調で、未勝利ながら現在賞金ランク6位。6月の廣済堂レディースゴルフカップでは最終日に藤野オリエに逆転され優勝をさらわれるなど、惜しい試合をいくつも落としている。若手に優勝のお手本を見せることができるか注目だ。

7アンダーの2位には藤井かすみ。今日藤井は出だしでバーディを奪ったが、8番パー3ではティショットがOBとなってしまい、ダブルボギー。前半を37で折り返し、迎えた後半で11番ホールから5連続バーディを奪う快進撃を見せ、一気にリーダーボード上位に浮上してきた。

「8番のOBでアタマにきて、そこからガンガン攻めはじめました。最終日に最終組で木村(敏美)さんとまわったことがないので楽しみ。木村さんがどんな攻撃をしかけてくるか怖いけど(笑)」

そして3位には坂東貴代がつけた。前半はボギー1つでスコアを落としたが、後半は4バーディ、1ボギーで盛り返した。

「明日はすごい2人(木村敏美藤井かすみ)と同じ組になってしまいました(笑)。2人はパワフルで面白い。でも私は我が道を行こうかな」

最終日、最終組の3人はどんなドラマを演出してくれるのだろうか。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 SANKYOレディースオープン




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには廣田真優プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!