ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカ杯の最新ゴルフニュースをお届け

決めたい!執念のバーディパットで具が10年ぶり2度目のタイトル

国内女子ツアーのメジャー第1戦「日本女子プロゴルフ選手権コニカ杯」は、劇的な幕切れで勝敗がついた。主役は、先週2年ぶりに通算20勝目を挙げたばかりの具玉姫だった。

初日に4アンダーで単独首位に立った具は、「疲れている」と言いながら2日目、3日目も1つずつスコアを伸ばした。最終日は首位の藤野オリエと1打差の単独2位からスタート。前半1バーディ、4ボギーで3アンダーまで後退。この時点で首位の藤野とは4打差になった。

しかし、後半10番、12番でバーディを奪うと、単独首位になってしまった。というのは、この12番で藤野が2回池に入れるトラブルに見舞われ一気に4ストローク落としてしまったのだ。

これで気落ちした藤野に再度浮上する元気はなかった。突然首位になってしまった具、、同じく最終組でラウンドする西塚美希世にチャンスが巡ってきた。前半1オーバーで折り返した西塚は、13番でバーディを奪い具を捕らえた。そのまま終盤までもつれるかと思ったが、続く14、15番で西塚がボギー。具も15番でボギーを叩き、1つ前の組でラウンドする木村敏美に並んでしまった。

5アンダー3位からスタートした木村だが、この日は6番パー5でボギーを叩き、残りはすべてパー。最終18番ホールもピン横5メートルにつけ、入れれば優勝が見えてくるという状況だったが、ボールはわずかにカップの左側を通過してしまった。

そして最終組の具はセカンドショットでグリーン奥のカラーに運んだ。入れればもちろん優勝、パーなら木村とのプレーオフという状況で、具はキャディにピンを抜かせた。「何とか決めたい」まっすぐと読み打ち出したボールは、くだりの難しい傾斜をものともせず、7メートル先にあるカップの中に姿を消した。

「公式戦は特別のもの。本当にうれしい」という具が、10年ぶり、2度目の栄冠をつかんだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。