ニュース

国内女子ベルーナレディースカップゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2桁アンダーで藤野オリエがシーズン2勝目!

2002/07/07 18:00

国内女子ツアー「ベルーナレディースカップゴルフトーナメント」は、稀に見るハイスコアでの優勝争いになった。2日目に6ストローク伸ばして単独首位に立った藤野オリエが、最終日にも3ストローク伸ばし通算10アンダーで優勝を飾った。

「今までトップに立つと崩れていたので、優勝を意識せずに自分のプレーができたのがよかった。昨日といい、今日といい、イーグルで生き返った」

15番パー5では、2オンに成功すると、8メートルのバーディパットを沈め後続を引き離しにかかった。そして17番パー3で、およそ5メートルの右に流れるラインを読みきり10アンダーまで伸ばしたのだ。

「全英女子に出場しますので、今回の優勝はすごく自信になりました。今まで、海外は2試合(ハワイアン、全英)出て一度も予選を通ったことがないので、3度目の今回はがんばりたい」

藤野は体格ではウェッブなどの強豪にも引けを取らない。日本人プレーヤーは、現在海外で活躍している男女ともに小柄な選手が多い。藤野には、福嶋晃子と同じぐらい豪快なショットで更なる活躍が期待される。

8アンダー単独2位には曽秀鳳。前半藤野が伸ばせず苦しんでいたので、伸ばしておきたかったが、12番で50センチのパーパットを外してしまった。

「前半は我慢のゴルフだった。12番で一度あきらめかけたけど、14番からの3連続バーディで、まだチャンスあるかなって思った。でも、17番でオリ(藤野)がバーディを取ったからあきらめた」その後、無理をせずに単独2位を確保できた。

初日67をマークし、久しぶりに優勝争いに絡んできたママさんゴルファーの野呂奈津子は、爆発することなくラウンドを終えた。「たまに(ピンに)ついた時も、パターが入らなかった。ロングでバーディを取れなかったのが痛かったかな。悔しいまではいかないけど、まあしょうがないかな。次につなげたいです」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 ベルーナレディースカップゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。