ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

首位タイに原、大塚、上原が並ぶ混戦!横峯も好スタート!

国内女子メジャー今季初戦「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」が、広島県のリージャスクレストGCグランドコースで開幕した。早朝は霧が残っていたものの、すぐに晴れ、強い日差しと共に気温も上昇。最高気温は33度を超え、まだまだ夏本番といった厳しい暑さの中でのプロナンバーワン決定戦となった。

初日、4アンダーでトップに立ったのは、原江里菜、大塚有理子、上原彩子の3人。午前スタートの原は1番ホールで幸先良くバーディを奪うなど6バーディ2ボギー。「ずっと調子の悪い大会が続いていたので嬉しいです」と喜んだ。

<< 下に続く >>

一方、11時37分スタートの上原は、暑さとの戦いとなった。途中、トラブルで競技委員を呼ぶ場面があったが、係員への伝達ミスから処置に時間が掛かってしまう。結果、前の組に追いつく為に、暑さの中を走らされる羽目に。「1ストローク30秒は短いなと思いました…。ギャラリーも大変だろうし、出来れば走らなくていいようになって貰いたい」と、疲れた様子で振り返った。

1打差の4位タイには横峯さくらと有田由香が2人が続く。賞金女王争いトップの全美貞は3オーバー59位タイ、2位の上田桃子は6ボギーといいところ無く93位タイと出遅れた。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!