ニュース

国内女子We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

大山志保の猛追も及ばず・・・中国出身の張娜がツアー初制覇!

兵庫県にある六甲国際GCで行われている、国内女子ツアー第12戦「We Love KOBE サントリーレディスオープン2007」の最終日。中国出身の張娜チャンナ)が通算10アンダーで逃げ切り、日本ツアー初勝利を挙げた。

晴れ渡る晴天の中、2位と8打差の単独首位からスタートし、勝利は確実なものと思われた張娜。出だしの1番でバーディを奪い、初勝利へ向けて勢いを増す、かと思われた。その後は9番、11番でボギーを叩き、スコアは停滞。その隙に張娜に迫ったのが、2位タイからスタートした不動裕理でも諸見里しのぶでもなく、9打差の4位タイからスタートした大山志保だった。

大山は、2番のパー4でセカンドショットを直接カップに沈め、イーグルを奪取。その後も15番までを4バーディ、1ボギーとし、通算7アンダーまでスコアを伸ばす。16番パー4でも長いバーディパットを沈め、この時点で張娜に2打差まで詰め寄った。「16番で長いパットが入って、17番、18番でバーディを取れれば(優勝まで)いけると思った」という大山だったが、17番パー3で3.5メートルのバーディパットを外してパー。そして、奇跡の逆転勝利をかけて臨んだ18番パー4。ティショットを右へ大きく曲げて第2打は出すだけとなり、ここで万事休す。それでも最終日を大きく盛り上げた立役者に対し、ホールアウト時には大きな拍手が送られていた。

この日1バーディ、2ボギーとスコアを伸ばせなかったものの、崩れることなく72ホールを戦い抜いた張娜。今季9戦目にして早々と優勝を飾った上、4日間の長丁場を制したことで、技術的にも精神的にも一流のプレーヤーであることを証明して見せた。

単独3位には、この日のベストスコアとなる「65」をマークして通算6アンダーとした原江里菜。さらに通算5アンダーの4位タイに、諸見里しのぶ上田桃子西塚美希世不動裕理の4人が並んだ。また、ベストアマチュアには通算イーブンパーで韓国出身の柳簫然が輝いた。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには但馬友プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。