ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

さくらが首位浮上!メジャー獲りに王手

千葉県のキングフィールズGCで開催されている、国内女子ツアーの今季第18戦で、公式戦(メジャー)第2戦となる「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」の3日目。大きくスコアを崩す選手も現れる展開に、この日1ストローク伸ばした横峯さくらが、通算6アンダーの単独首位に浮上。2009年の最終戦以来となるメジャータイトル獲得へ王手をかけた。

横峯とは3打差の通算3アンダー2位には藤田幸希と、三塚優子の2人。藤田は34年ぶりとなる同大会2連覇に向けて最終日に逆転を狙える位置をキープ。単独首位でスタートした三塚は、中盤までリードを奪っていたが、後半にボギーを3つ数え首位の座を明け渡してしまった。

通算1アンダー4位には若林舞衣子森田理香子フォン・シャンシャン(中国)の若手と福嶋晃子が並び、通算イーブンパーの8位タイには不動裕理服部真夕黄アルム(韓国)の3人が並んでいる。

<さくら、崩れかけた流れをビッグプレーで止める>
首位を1打差で追う横峯は、3番(パー3)のバーディで早くも三塚を捕らえる。だが、「今日はラフにいれることが多かった」とスコアメイクに苦しむ展開となり、7番、9番と立て続けにボギー。再び三塚にリードを奪われる。この崩れかけた流れを止めたのが、最難関の12番パー4。ティショットを左ラフに打ち込むと、2打目はグリーン奥のカラーまで達してしまう。この3打目をSWで捻じ込む起死回生のチップインバーディを奪い、ピンチから一転、流れを呼び込むビッグプレー。16番(パー3)でもバーディを奪い、最終的に後続に3打差をつけての単独首位に浮上した。

<連覇を狙う藤田、逆転圏内で最終日へ>
2日目に4連続を含む7つのバーディを奪い、一気に首位に肉薄した藤田。しかし、「今日は最初から耐えるゴルフは予想していた」と振り返る通り、3日目は2バーディ、3ボギーと苦しい内容に終始した。終盤の17番(パー5)では、ティショットがバンカーの際に止まってしまう不運もありバーディならず。それでも、初日から心がけている「ダブルボギーを打たない」目標は達成を続け、大きく崩れる不安要素はうかがえない。首位に3打差は、まだまだ逆転圏内。34年ぶりとなる大会連覇に向け、明日は最終組で首位を走る横峯との直接対決に挑む。

若林舞衣子、この日のベスト「68」で急浮上>
シビアなピンポジションにより全体的にスコアが伸び悩む中、30位タイからスタートした若林が5バーディ、1ボギー。この日のベストスコアとなる「68」をマークし、通算1アンダーの4位タイへの急浮上を果たした。昨年大会も5位タイと上位フィニッシュを遂げている若林。「バンバンとスコアが出るコースよりも、ボギーを打ってもガマンするコースの方が好き」と、メジャー仕様の難セッティングは得意とするところ。今季は10位が最高位と目立った成績を残せていないが、「メジャーでも高い目標を持って、あくまで優勝を狙いたい」と、5打差からの逆転勝利に意欲を燃やす。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。