ニュース

国内女子富士通レディースの最新ゴルフニュースをお届け

佐々木必死の追い上げ実らず 服部がプレーオフを制す

千葉県の東急セブンハンドレットクラブで開催されている、国内女子ツアー第25戦「富士通レディース」最終日。予選ラウンドを終えて、上位に実績のある選手たちがひしめく大混戦。白熱した戦いが繰り広げられた。

序盤でまず飛び出したのは、初優勝を狙う首位スタートの西塚美希世だ。1、3、4番でバーディを奪い、このまま独走態勢に入るのかに思われた。だが、後半に入るとボギーが続く苦しい展開となり、通算3アンダーの3位タイでフィニッシュ。

優勝争いは、逃げ切りを図りたいベテランの服部道子と、首位と2打差の5位からスコアを伸ばしてきた27歳3年目の佐々木慶子の2人に絞られた。服部と1打差の佐々木は16番パー5で快心のバーディを奪い勝負はプレーオフへ突入。決着がついたのはプレーオフ2ホール目の18番、服部の第3打目アプローチが直接入ってバーディ。佐々木もチップインを試みるもカップの横をすり抜け、服部が今季初優勝を飾った。

一方、腰痛から復帰後第1戦の宮里藍は、首位と1打差の3位タイからスタート。前半はスコアを崩して優勝争いから後退。後半は12、15番でバーディを奪い取り返したが、反撃もここまで。17番でボギーをたたき通算3アンダーの3位タイでホールアウトしている。

そのほか、最終日3位タイスタートのベテラン小林浩美は、スコア「79」の大乱調。通算3オーバーの22位タイに沈んだ。また、連覇のかかった女王不動裕理は、初日、2日目とスコア「72」でラウンドしていたが、この日バーディを1つも取れず、通算2オーバーの19位タイで競技を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 富士通レディース




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。