ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

大山志保が6アンダーでトップ!宮里藍、横峯さくらの2人が1打差で追走!

名神八日市カントリークラブで開催されてる、国内女子ツアー第22戦「日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯」の3日目。雨まじりの天候にもかかわらず、約7,000人のギャラリーが集まった。

この日トップに立ったのは、5位タイから急浮上してきた大山志保だ。2番、3番のロングホールで着実に連続バーディを奪取。さらに3つのバーディを重ね、前半だけで3つスコアを伸ばした。後半に入って2バーディ、2ボギーとスコアを伸ばしきれなかったものの、通算6アンダーとして単独トップに踊り出た。

トップからスタートした宮里藍は、前半2オーバーとリズムに乗れなかったが、後半に入り猛チャージを見せた。10番のロングホールで快心のイーグルを奪取。13番、14番でも連続バーディと再びトップの大山に並ぶパフォーマンスを見せ、ギャラリーを沸かせた。しかし、17番で痛恨のボギーを叩き一歩後退。通算5アンダーの2位タイでこの日のプレーを終えた。

1打差の3位タイからスタートした横峯さくらは、4バーディ、2ボギーと2つスコアを伸ばし、宮里と同じ通算5アンダーの2位タイでホールアウト。2週連続優勝を狙う不動裕理は、出入りの激しいゴルフながら1つスコアを伸ばし通算4アンダーの単独4位につけている。

この結果、最終日最終組は、大山、宮里、横峯という今注目の若手3人の組み合わせとなった。さらにその前の組では不動が虎視眈々と上位進出を狙っている。ファンにとってはたまらない展開に、明日も本日以上のギャラリーが集まりそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。