ニュース

国内女子LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップの最新ゴルフニュースをお届け

朴仁妃、完勝で日米メジャー制覇を達成!

宮崎県にある宮崎カントリークラブで行われている国内女子ツアー最終戦「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」の最終日、太陽は顔を出したが、強風の吹く難コンディションとなり、ついにこの日アンダーパーでラウンドする選手は居なくなった。

サバイバルレースとなった今大会を制したのは、08年の「全米女子オープン」チャンピオンの朴仁妃。単独首位からスタートした朴は1番でバーディ、続く2番で「とても緊張していた」とティショットを右に曲げてダブルボギーを叩いたが、他の選手もスコアを伸ばせていない状況を確認し、自分のゴルフに徹することで流れを取り戻した。

<< 下に続く >>

この日「73」で回った朴はただ一人アンダーパーの通算1アンダー。2位に4打差をつける完勝だった。今季国内ツアー14試合に出場した朴は、優勝2回、2位6回で賞金ランキング5位に入る快進撃。賞金女王に輝いたアン・ソンジュと共に改めて今季の女子ツアーを席巻した韓国旋風を印象づけた。

2位に続いたのは、アン・ソンジュ宮里美香の二人。最終組から逆転優勝を目指した不動裕理は、スコアを伸ばせず通算4オーバーの単独4位。大会2連覇に挑んだ横峯さくらは、昨日に続くノーバーディのラウンドで、通算8オーバー9位タイで今季最終戦を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!