ニュース

国内女子We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

18歳の誕生日を迎えたアマの若林舞衣子と成田いづみが首位に並ぶ!

兵庫県の六甲国際GCで行なわれている、国内女子ツアー第13戦「We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメント」の2日目。昨日から降り続いていた雨は、朝方には止んだものの、グリーンがやや重い状態で選手たちはスタート。そんな中、アマチュアの若林舞衣子と成田いづみが、通算5アンダーでトップに並んだ。

首位の2人が一気にスコアを伸ばしていった。若林は11番から13番にかけて3連続バーディを奪うなど、この日は攻めのゴルフが功を奏して計7つのバーディを奪取。唯一のハプニングは、18番で右の林にティショットを打ち込み、あわやOBという状況に。しかし運良くOBを免れ、このホールをボギー。最終的にはスコアを6つ伸ばすことに成功した。「今日は18歳の誕生日だったので、スタート前に何かいい事ないかなあ、なんて思ってたんです。もしかしたら、18番のミスショットがOBにならなかったのは、そのおかげかも・・・。同じアマで、ナショナルチームの先輩でもある有村さんが良いプレーをしているので、自分も頑張ろうと思いました」。

<< 下に続く >>

一方の成田も、2度の連続バーディを奪うなど6バーディ、1ボギーでホールアウト。こちらもスコアを5つ伸ばして急浮上している。

通算4アンダーの3位タイには、ニッキー・キャンベル(オーストラリア)と具倫希(韓国)の2人がつけ、通算3アンダーの単独5位に斉藤裕子が続く展開。

注目選手では、大山志保中田美枝李知姫の3人が通算2アンダーの6位タイ。横峯さくらは5つバーディを奪ったものの、6番でトリプルボギーを叩くなど出入りの激しい内容となり、通算イーブンパーの12位タイ。単独トップからスタートしたアマチュアの有村智恵も、スコアを3つ落として通算イーブンパーとなり、横峯と同ポジションへ順位を下げている。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 We Love KOBEサントリーレディスオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!7月のマンスリーゲストには西畑萌香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!